ヨガ・ホットヨガ

ヨガの資格「RYT200」を取得するための費用は?安いオンラインスクールもご紹介

ヨガの資格「RYT200」を取得するための費用はどのくらい?
記事内にプロモーションを含みます。

RYT200とは、アメリカの全米ヨガアライアンス協会が認定している資格のことです。

Shoko
Shoko
ヨガの資格のなかでもかなり有名!
Monaka
Monaka
現役のインストラクターもよく履歴書に書いてるよね。

正式名称は『全米ヨガアライアンス認定200時間』です。

今回は、そんなRYT200を取得するのに、必要な費用についてまとめました。

また、RYT200の資格を取得できる費用の安い(10万円前後)オンラインスクールもご紹介しています。

この記事を書いた人‐Shoko (ホットヨガ2)

「RYT200」のヨガ資格を取得するための費用相場

さっそく、「RYT200」を取得するための講座に費用がいくらかかるのか見ていきましょう。

Monaka
Monaka
調べてみたら、費用はピンキリだったよ。

「RYT200」を取得するための講座費用は35~60万円

「RYT200」を取得するための講座費用の相場は、35~60万円です。

Shoko
Shoko
費用はスクールによって差があります。

とはいえ、必ずしも費用が高いほどいいというわけではありません。

Monaka
Monaka
費用以外にもいろいろ見ておいた方がいいかも。

重視したいのは相性であるため、費用と講座内容をどちらも見たうえで「自分にとってしっくりくるスクール」を選ぶことが大切です。

オンラインだと10万円前後の安い講座もある

「RYT200」を取得するための講座は本来、対面でのみおこなわれていました。

ところが、感染症の流行により、対面レッスンができなくなることに……。

Shoko
Shoko
その対応として「特別にオンライン受講が可能」となっています。

しかし、オンライン受講ができる期限は、2023年12月31日までです。

オンラインで学びたい方は、今が受講のチャンスです。

また、オンラインの講座は費用が安く、10万円前後のスクールもあります。

Monaka
Monaka
費用を抑えたい方は必見だね。

オンラインで安く受講できるスクールについては、後の項目でご紹介しています。

なぜ「RYT200」を取得するための講座費用に幅があるの?

「同じ資格なのに、なぜ講座の費用が異なるの?」

そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるかもしれません。

Monaka
Monaka
たしかに、気になる……。

まず、RYT200を取得するためには、全米ヨガアライアンス協会の認定校で専用の講座を受ける必要があります。

Shoko
Shoko
この認定校は日本各地にあり、講座の内容や担当するインストラクターの数はさまざまです。

そのため「どのスクールでRYT200を取得するための講座を受けるか?」で、費用が異なるのです。

RYT200の登録時にかかる費用と更新料について

RYT200の登録時には、以下の料金がかかります。

  • 登録料→50ドル
  • 年会費→65ドル

申請時に、上記のふたつ(トータル115ドル)を全米ヨガアライアンス協会に支払います。

また、更新のタイミング(1年)には、更新費用として65ドルがかかります。

Monaka
Monaka
ドルの目安は、以下を参考にしてね。

全米ヨガアライアンス協会はアメリカの団体であるため、支払いもドルでおこないます。

1ドル=約145円 (2023年8月17日時点)

「RYT200」のヨガ資格がとれるスクール一覧◎費用や受講形式は?

「RYT200」の資格を取得できる講座をおこなっているスクールをまとめました。

Shoko
Shoko
オンラインタイプ・通学タイプどちらもご紹介しています。
  • シークエンス!【オンライン型で安い】
  • ゼロからYOGA【オンライン型で安い】
  • YMCメディカルトレーナーズスクール
  • FIRSTSHIP(ファーストシップ)
  • LalaAasha(ララアーシャ)
  • リラヨガ・インスティテュート
  • MAJOLI
  • ぼっこ
  • OREO YOGA ACADEMY
  • ヨガワークス
  • カラダメンテ養成スクール

たくさんありすぎて迷いそうな方に向けて費用を安く抑えたい人向け資格取得後すぐに働きたい人向け」「本格的に時間をかけて学びたい人向け」の3パターンにわけて、おすすめのスクールをピックアップしました↓

【費用を安く抑えたい人おすすめ】

・オンライン特別価格87,780円『シークエンス!』
・LINE登録特別価格132,000円『ゼロからヨガ』

【資格取得後に本気でデビューしたい人におすすめ】

独自の働き先ルートのある『YMCメディカルトレーナーズスクール』
就職率の高い
『FIRSTSHIP』
ララアーシャで活動できる『LalaAasha』

【本格的に時間をかけて学びたい人におすすめ】

ヨガ歴1年以上・本気の方限定『リラヨガ・インスティテュート』

シークエンス!【オンライン型で安い】

費用通常価格181,500円→オンライン特別価格87,780円
受講形式オンライン
受講期間2023年12月31日まで
受講資格初心者OK
説明会個別オンライン説明会・LINEで質問

シークエンス!は、10万円以下でRYT200の資格を目指せるオンライン講座です。

Monaka
Monaka
相場よりも費用が安めである点がポイント!

申し込み後、すぐにスマホで受講ができ、わからない点はいつでもLINEで相談できます。

Shoko
Shoko
オンラインで受講できるため、毎日が忙しい方も自分のペースで学べます。

完全オンラインのレッスンに不安がある方は、一度、個別説明会に参加してみましょう。

1対1でじっくりと話を聞くことが可能です。

ゼロからYOGA【オンライン型で安い】



費用①通常価格187,000円→LINE登録特別価格132,000円
②248,000円
受講形式①オンライン
②対面+オンライン(バンコク)
受講期間講座による
受講資格初心者OK
説明会オンライン説明会・LINEで相談

ゼロからYOGAは、オンラインもしくはオンライン+対面(バンコク)でRYT200を取得できます。

Shoko
Shoko
オンラインの場合だと、187,000円ですが、LINE登録すると5万円安くなります。
Monaka
Monaka
15万円以下のオンライン講座を探している方におすすめ!

また、随時募集ではありますが、450,000円(税込)のパーソナルコース(動画視聴+パーソナルレッスン)もあります。

公式サイト→【ゼロカラYOGA】

YMCメディカルトレーナーズスクール

費用・オンライン:254,000円~
・国内(通学):568,000円※新宿校・横浜校・名古屋校・梅田校・福岡校・仙台校
受講形式オンライン・通学
受講期間通学:平均12ヶ月(短期コース6ヶ月)
オンライン:3~6ヶ月
受講資格初心者OK
説明会無料相談会(対面・オンライン)

YMCメディカルトレーナーズスクールは、2011年に創立され、その後、数多くのインストラクターを育ててきました。

Monaka
Monaka
歴史が10年以上あるんだね。

RYT200の資格を取得できるコースは、オンラインもしくは通学から選べます。

Shoko
Shoko
特徴は、就職サポートがついていること。

就職や卒業後の進路など、気になったことを気軽に相談できる機会が用意されている点は心強いポイント!

もしも、入学に迷ったら、まずは無料資料請求無料相談してみましょう。

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

※準備中

 

LalaAasha(ララアーシャ)

費用・短期コース:550,000円
・定期通学コース:550,000円※割引あり
受講形式通学(東京)
受講期間約6ヶ月間
受講資格要確認
説明会個別説明会

溶岩ホットヨガスタジオである『ララアーシャ』も、RYT200資格取得コースを用意しています。

Shoko
Shoko
資格取得後は、ララアーシャでレッスンを受け持つチャンスがあります。

※オーディション合格者のみ(合格率80%以上)

また、各講座の定員は10名であるため、じっくりと少人数で学べる点も魅力です。

リラヨガ・インスティテュート

費用入学金:30,000円

全米ヨガアライアンス・コンプリートパック:368,000円~398,000円

受講形式通学(一部のみオンライン可)※東京
受講期間約5~7ヶ月間(215時間)
受講資格ヨガ歴1年以上・本気で学びたい人
説明会オンライン説明会・来校説明会

リラヨガ・インスティテュートは、2008年12月に誕生したヨガの総合学院です。

一般向けのヨガスクールだけでなく、ヨガインストラクターの養成にも力を入れています。

RYT200を取得するコースの特徴は「一生使えるヨガのスキルをステップアップ方式で学ぶ」ことです。

Shoko
Shoko
本気でヨガを学びたい方は必見のスクールです。

卒業後もサポートが続くなど、受講者にとことんよりそっている点もおすすめポイント!

通学・オンラインどちらでも参加OKです。

MAJOLI



費用①348,000円→早割キャンペーン248,000円
②要確認
受講形式①オンライン
②合宿
受講期間コースによる
受講資格初心者OK
説明会LINE無料相談

MAJORIの「おうちヨガ動画コース」なら、最短1ヶ月でRYT200の資格がとれます。

レッスンはオンラインでおこないますが、「困ったときのLINE相談」や「受講生同士のLIVE練習会」など、講師や仲間とともに学べる環境が整っています。

Shoko
Shoko
また、受講期間中「ヨガレッスン受け放題」という特典も魅力のひとつ!

嬉しい申し込み特典はほかにもたくさん!

まずは、MAJORIの公式サイトで詳しい内容をチェックしましょう。

ぼっこ



費用420,000円→195,000円(特別価格)
受講形式オンラインがメイン

※7日間の対面実習あり

会場→東京・広島・静岡・岡山・滋賀・京都・大阪・岐阜など

受講期間要確認(2023年12月までに動画視聴を完了させる)
受講資格女性
説明会無料資料請求

ぼっこはすでに200名以上の修了生を育ててきたスクールです。

RYT200の資格取得のための講座は、オンラインでの学習と、実習を組み合わせた内容です。

Shoko
Shoko
実習は各エリアで開催されています。

また、公式サイトによると、一人でコツコツタイプの方にもおすすめの講座とのこと。

なるべくマイペースに学びつつ、実習もしたい方に向いているスクールといえるでしょう。

OREO YOGA ACADEMY

費用・オンライン:319,000円
・通学(東京):440,000円
受講形式オンライン・通学
受講期間要確認
受講資格初心者OK
説明会個別説明会(オンライン)

OREO YOGA ACADEMYは、インストラクターの養成を専門としたスクールです。

Shoko
Shoko
他のスクールに比べると、オンラインの講座の価格が高いと感じるかもしれません。

しかし「講師とのマンツーマンセッション60分×3回」があったり、担当制のサポート体制が用意されていたりと、集中して学べる環境が整っています。

オンライン型であっても、講師からがっつり学びたい」とお考えの方にぴったりです。

公式サイト→RYT200

ヨガワークス

※準備中

 

カラダメンテ養成スクール

費用649,000円

※割引がある場合も

受講形式通学(東京)・オンライン
受講期間週1・約6ヶ月間
受講資格要確認
説明会オンライン説明会

カラダメンテ養成スクールは、週1ペースで学び、約半年間かけてRYT200の資格を取得したい方に向いています。

カラダメンテ養成スクール東京校への通学のほか、オンラインにも対応!

Shoko
Shoko
定員が8名に設定されているため、少人数のレッスンを受けたい方にもおすすめ。

ただし、費用は他のスクールに比べて高めであるため、まずは説明会に参加して、講座内容や特典についてしっかりと把握しましょう。

「RYT200」のヨガ資格がとれるスクールを選ぶときに費用以外に見ておきたいポイント

「RYT200」の資格をとるための講座を受けたいと思ったときに気になるのは、費用です。

Shoko
Shoko
しかし、それ以外にも見ておきたいポイントがあります。

この項目では、申し込む前に把握しておきたい点をご紹介します。

オンラインか対面か

「RYT200」の資格を取得できるスクールは、オンライン型と対面型があります。

※オンラインでの受講は、感染症が流行したことによる期間限定の特別措置です。

(2023年12月まで)

2パターンあるため、申し込み前には必ずどちらの受講方法かチェックしましょう。

Shoko
Shoko
なかには、オンライン&対面、両方をとりいれている講座もあります。

動画形式とライブ配信形式の割合【オンラインの場合】

オンラインの場合、動画形式ライブ配信形式の割合も見ておきましょう。

  • 動画形式→すでに録画されている動画を見て学ぶ
  • ライブ配信形式→リアルタイム配信で学ぶ

動画形式が多いメリットは、いつでも好きなタイミングに学習を進められること。

一方、一人で学習している感覚が強くなるかもしれません。

ライブ配信が多いメリットは、わからない点や気になることをその場で質問できることです。

ただし、ライブ配信の日程を把握し、予定を入れないようにスケジュール管理をしなくてはいけない点は、デメリットといえるでしょう。

スクールのある場所【通学の場合】

スクールに通学してレッスンを受ける場合は、スクールの場所は必ず見ておきましょう。

Shoko
Shoko
「RYT200」の資格をとるためのレッスンは1回や2回で終了しません。

今後も、何度も通い続けることを考えて、アクセスの良さや交通費を把握しましょう。

サポート体制【共通】

「RYT200」の資格を取得するために勉強していると、ときに悩むことやわからない点がでてくるかもしれません。

Shoko
Shoko
そのようなときに心強いのがサポートです。

とくに、オンラインの場合は、サポート体制が整っているかどうは見ておきたいポイント。

例えば『シークエンス!』は「わからない点をいつでもLINEで質問可能」です。

スクールごとに、どのようにサポートするかは異なるため、申し込む前にチェックしましょう。

講座を受けたときの特典【共通】

そのスクールで「RYT200」の講座を受けると、どのような特典があるのかも気になるポイント!

特典の一例としては、以下が挙げられます。

  • 就職対策の講座を無料で受けられる
  • 受講期間中はレッスンに無料参加できる
  • RYT200以外の資格もとれる など
Monaka
Monaka
特典の有無や内容はスクールごとに異なるよ。

もちろん、一番大切なのは「RYT200」の講座内容ですが、特典もスクールを比較するうえでの材料のひとつにはなるでしょう。

「RYT200」の資格を取得するための講座費用はスクールによってさまざま

「RYT200」の資格を取得するためにかかる費用は、35万~60万円前後です。

また、オンライン受講だと10万円前後で受けられるスクールもあります。

Shoko
Shoko
オンラインの方が費用は安めです。

しかし、オンライン講座で資格が取得できるのは、感染症への対応として特別措置がとられているからです。

予定では、2023年12月までの期間限定!

オンライン講座で「RYT200」の資格取得を目指したい方は、今のタイミングがチャンスです。

【PR】手ぶらでホットヨガ体験ができる!【全国展開】

ホットヨガ ロイブ

ホットヨガスタジオの「ロイブ」は、ホットヨガ体験希望者を募集中です。

ホットヨガのレッスンに必要な以下のアイテムも必要ありません。

・ウェア
・ヨガマット
・タオル類
・お水

手ぶらでOKなので、気軽にホットヨガにチャレンジできます。

もちろん、未経験者も歓迎!

まずは、ロイブの公式サイトで、自宅の近くにあるスタジオを検索してみましょう。

ロイブの公式サイトはこちら⇒ホットヨガスタジオロイブ